カッティングステッカー

カッティングステッカーの貼り方

カッティングステッカー・フルカラープリントステッカー
ステッカー作成のことならデジタルリパブリックにおまかせください!

カッティングステッカーを貼るには、 貼り方には水を使わない「ドライ貼り」と水を使う「ウェット貼り」があります。ウェット貼りだと位置の調整がしやすかったり空気抜きがやりやすかったりするのですが、気温の低い日やガラス面への水貼りは水分がなくなってカッティングステッカーが定着するまでに時間が掛かってしまうので向きません。

完成予想図

1 前置き&準備

今回の例ではリアウインドウに貼るのですが、熱線に合わせて貼る為に少し逆アーチ状のデータを作成しました。スキージ(クレジットカード、定規等で代用)、薄めた中性洗剤、マスキングテープなどの仮止め用テープを用意します。

窓拭き

2 貼る場所を洗浄する

細かいゴミやホコリなどの上から貼ると表面がデコボコになってしまうのでよく洗います。油分が残っているとステッカーの粘着力が落ちるので、薄めた食器用洗剤などで洗い、よく脱脂します。

場所合わせ

3 場所を合わせる

マスキングテープなどで場所を合わせます。一旦離れて遠くから確認するなどしながら、平行になってるか?中心は合ってるか?などじっくり確認します。

台紙を剥がす

4 台紙を剥がす

位置を決めたらゆっくりと台紙を剥がしていきます。ステッカーが台紙にくっついたままにならないように事前に透明なフィルムの上からスキージで擦っておきましょう。一旦全部剥がしたらもう一度ふんわりと台紙に戻します。

ゴシゴシする

5 ステッカーを貼る

ステッカーを台紙に戻したら、合わせた場所からズレないように、慎重に台紙を引き抜くように剥がしていきます。台紙から剥がれたステッカーをゆっくりとアプリケーションフィルムの上から滑らせるようにスキージで貼っていきます。

またゴシゴシ

6 ゴシゴシこすって圧着させる

全体を貼り付けたら、再度アプリケーションフィルムの上から馴染ませるように擦りよく圧着させます。気温の低い日は初期粘着力が低下しているのでしっかりと圧着させます。

ゆっくりと剥がす

7 転写シートを剥がす

アプリケーションフィルムをゆっくり剥がします。油分などでカッティングステッカーがきちんと貼り付いていないと、一緒にカッティングステッカーがくっ付いて来てしまいます。もしそうなってしまったら、焦らず元に戻しその箇所を圧着させ直します。

観察する

8 チェックする

無事にアプリケーションフィルムを剥がし終わったら気泡が入ったりしてないかチェックして気泡があればカッターで切れ目を入れて空気を押し出します。貼り直しはステッカーが伸びたりシワが入ったりするので極力避けます。

完成

9 完成です!

お疲れ様でした。作業終了です。洗車などで擦ったりするのは、糊が安定してくるまで貼ってから2~3日位待ったほうがいいでしょう。